選んだ理由

企業システムコースを選んだ学生(2011年度入学)にCSサービス経由で企業システムコースを選んだ理由などについて聞 いてみました(有効回答 27件).
企業システムコースを選んだ理由(必須)


 最大の理由 二番目の理由 
 合計
 経営について学びたいから  12 10
 22
 コース所属教員に魅力を感 じたから(ゼミ含む)  6  6
 12
 経済について学びたいから  4
 3  7
就職に役立ちそうだから  1  4   5
 情報について学びたいから  2  3  5
 フィールドワークなどの実践科目に
 魅力を感じたから
 2  0  2
 ビジネス法務について学び たいから  0  0  0
 卒業単位を揃えやすそうだったから  0  0  0

集計担当者のコメント

  • 例年どおり,「経営について学びたいから」という回答が1位ですが,今年度は「コース所属教員に魅力を感じたから(ゼミ含む)が2位になりました.コース所属教員の一人としては嬉しい限りです.
  • また,「情報について学びたいから」という回答が占める割合が例年よりも高くなっています.スマートフォンの普及などで情報関連が身近になったためでしょうか.


コース選択にあたって参考にしたもの(必須)

 コース初歩科目での説明会  14
 先輩の話  7
 修学の手引  4
 学科HPのコース紹介  1
 同期(同回生)の話  1
 教員の話  0

集計担当者のコメント

  • 「コース初歩科目での説明会」を参考にしている方が1位で,「先輩の話」を参考にしたという方が2位というのは2010年度入学生と同じ傾向でした.まあ,順当な結果でしょうね.
  • それに対して,学科HPのコース紹介を参考にした方がかなり減ってしまいました.もっと参考にしてもらえるように,コンテンツの充実をがんばります.


コース選択の際に事前に知っておきたかったこと(自由記述)

  • どのような科目を学ぶのかということ。
  • ゼミの内容などについて

集計担当者のコメント

  • 学ぶ科目についてですが,科目名については現在も掲載していますが,司法コースでやっているように科目ごとの紹介を掲載して欲しいということなのでしょうね.各方面と相談してみます.
  • ゼミの内容についてですが,企業システムコースはゼミごとにウェブページを開設していますので,そちらが参考になるかと思います.

企業システムコースで学ぶにあたっての質問や希望などはありますか?(自由記述)

  • 経済は、苦手だってわかりました。どうやったら苦手意識をふっしょくできますか。
  • 経営だけでなく経済についても学べるように、経済授業のコアを増やしてほしい
  • ゼミに入る際のガイダンスを設けてほしい
  • 専門科目授業増やしてほしいです。、2,3,4回生の授業が多いためいつも講義室が満席で集中力が低くなることが多いからです。どうぞよろしくお願いしますm(__)m
  • 実践的なことを学びたい

集計担当者のコメント

  • 経済への苦手意識を克服したいとのことですが,普段から経済に関するニュースなどに多く接して,それが授業で学んだこととどう関連するのかを考えるようにしてみてはいかがでしょうか.最初のうちは全然分からなくても,ベースになる知識や情報が溜まってくると,色々なことがつながってることが分かるようになってくると思いますよ.
  • 経済系のコア科目を増やして欲しいとのことですが,経済系のコア科目と経営系のコア科目の科目数はそれほど違っていませんし,開講されている経済系科目のほとんどは企業システムコースのコア科目として指定されているはずです.
  • ゼミのガイダンスですが,企業システムコースでは研究室訪問の方を重視しています.正直なところ,大人数を相手に5分くらい一方的に話すだけで済むガイダンスの方が教員側は楽で良いのですが,ゼミのミスマッチを避けるためには少人数での質疑応答ができる研究室訪問の方が良いだろうと考えているためです.
    ただ
    ,2013年度は学生有志によるゼミ・ガイダンスが開催されました.これは学生主催のものなので,来年度以降も継続されるかどうかは皆さん次第です.イベントの運営は良い経験になりますので,ぜひとも継続してもらいたいです.
  • 専門科目の授業を増やして欲しいとのことなのですが,これは構造的に難しいです.夜間主開講の授業は比較的人数が少ないので,そちらの方を受講するという手もありますよ.
  • 実践的なことを学びたいとのことですが,企業システムコースは他コースと比べて,学外の実務家に協力していただいている授業が多いです.これをもっと増やせるかどうかは今後の課題ですが,せっかくの機会なので,これらの授業を積極的に受講してください.