企業調査



  企業調査は3回生から履修できる実践科目であり、コア科目で学んだ経営・経済に関する知識を活かして行う「上級編フィールドワーク」として位置づけられています。

 企業調査という名称ですが、調査対象は企業だけでなく、NPOや各種団体、さらには地域まで、何らかの事業運営を行っている組織、課題解決のために努力している組織であれば、すべて調査対象となります。
 また単に実地調査を行うだけでなく、得られた情報を各種のフレームワークで分析し、その結果に基づいた提案まで行うことを目的としています。

 企業調査では、調査依頼からレポートの作成、さらにはお礼状と調査レポートの送付まで、つまり,調査の最初から最後までを学生が主体となって行います。このことで、実社会で必要となる能力(企画力、交渉力、コミュニケーション能力、分析力、提案力など)の育成を目指します。