アカウントについて

CSサービスのユーザー名(アカウントの命名規則)

CSサービスのユーザー名(アカウント)は以下のような規則によって付けられています.

 Cxxyyy_Name_Initial
xx:入学年度(西暦)-2006 (2桁)
yyy:学生番号 (3桁)
Name:大学に登録されている苗字 (英文字)
Initial:大学に登録されている名前のイニシャル (英1文字)
多くの場合,留学生は苗字と名前の登録が逆になっています.
また,留学生については実際の苗字・名前と登録されている苗字・名前が
異なることがありますので,注意してください.
アカウントの最初は「C」で始まります.
「+」は不要です
Nameの前後には「_」(アンダーバー)が入ります)


  アカウントの例
2007年度入学(2009年度編入)の学生番号012番のEhime Taroさんのアカウント
C01012_Ehime_T

2010年度入学(2012年度編入)の学生番号158番のSousei Hanaさんのアカウント
C04158_Sousei_H

最初のログイン時にパスワードの変更を求められるため,管理者から配布されたパスワードは最初のログイン時のみ有効です.
それ以降は自分で設定したパスワードを利用してください.

ログイン時に使うユーザー名について

CSサービスはGoogle Appsを利用して提供しています.そのため,Googleの各種サービスへのログイン画面からCSサービスを利用可能です.
ログインの際は完全なメールアドレスを入力する必要があります.つまり,
上記のユーザー名の後ろに@cs.cpm.ehime-u.ac.jp」を付け加えたものでログインしてください.

CSサービスのユーザー名およびパスワードの大文字・小文字の区別について

CSサービスではユーザー名については大文字・小文字の区別がありません.
ただし,パスワードについては大文字・小文字が区別されますので注意してください.

CSサービスのパスワードが分からなくなった場合

パスワード変更システム使って仮パスワードを発行してください.
具体的な使い方はパスワード変更についてで確認してください.
現在,パスワード変更システムを利用できるのは,Cから始まるアカウントだけです.それ以外のアカウントについてはパスワード変更システムでは変更できません.